4/6の投稿

4/6の投稿

今日にも緊急事態宣言が出されると言う情報を踏まえて、
昨日ヒンシュク覚悟でミニシアターに映画を観に行った。
編集作業に息詰まっている私にとっては必要な外出。
もうひとつは、この騒動の後には
ひょっとしたら無くなっているかもしれない
ミニシアターの現状を観ておきたかった。
また、いろいろな情報が溢れる中、
自分の判断で行動したいと言う思いがあった。
もちろん一個人の勝手な判断が
感染を広げると言うことはよく分かっている。
それも踏まえて行動した。
予想通り予約の段階では私一人。
人と接触することなく着席。
100人の席に対して4人で映画を観た。
上映中もマスクをするなど、
この間の情報を私なりに判断すれば
感染するリスクは少ないはず。
そもそもギリギリでやってきた
ミニシアターにとって補償のない中で休館を
余儀無くされるのは死活問題。
これは飲食店もしかり。
どれだけ威勢良く過去最高の108兆円の救済をうたっても
全てをすくいあげることは出来ないと思う。
多分最終的には一番しんどいところにシワが寄る。
自分の行動も含めて
どうしたら良いかモヤモヤするが
私自身、顔が浮かぶミニシアターのあの人や
飲食店のあの人、撮影のあの人、、、。
まずはその人たちとの関係の中で行動したい。
さて、外国人は?野宿生活者は?
家で虐待を受けている人は、、、?
長い目で見れば
そもそも今の暮らしでいいのか考えたい。


コメント

このブログの人気の投稿

延期を待たされる気分のまま考えたこと

日本映画界を取りまく現状!

ドキュメンタリーは”必要”なのだ! つくり手〜映画館〜配信 の可能性