延期を待たされる気分のまま考えたこと

この1週間、編集中の番組『ひで子と早智子(仮題)』が
延期になるかどうかフワフワしながら決定を待っている。
「ほぼ延期」と言いながらまだ確定しないのだ。
4月の末に放送予定だったのでかなり緊迫して作業を進めていた。
そこにコロナの影響で延期の相談。
こちらも焦っていたのでこの際延期をポジティブに捉えて
ゆっくり編集しようと決め、全部スケジュールを白紙にした。
ところがその後「まだ確定ではない」と。




「予定どおりと思って進めればいいやないか?」
「いやいやなかなかそうおもてもうまいこといきまへん」
一度緩んでしまった気持ちをあげるのはなかなか厳しい。
その影響か編集者は微熱を繰り返し(コロナではないようだ)自宅安静。
案の定フワフワしたまま1週間がすぎた。

あれっ、これってなんか
オリンピック延期を待たされているアスリートたちも
きっと気持ちがついていけへんやろうなと思った。

個人的にはオリンピックはそもそもいらなかったし
今でも中止がいいと思っている。

一生懸命なアスリートがかわいそうという人もいるだろう。
選手には少し気持ちがゆれるが
今考えなあかんことは根本的な問題だと思う。

被災地の復興をないがしろにした
復興オリンピック。
誰のためにどうしてやるオリンピックなのか?

オリンピックに群がる人だけが儲かる。
憲法改正、国威発揚のために利用される。
きっと今回の件でもオリンピックを必要としていない、
一番しんどい人たちが追い詰められていく。
そして操っているやつらは悲痛な顔をしながら
結局腹が痛まない。

もはや選手も「私は何も知らない一生懸命なだけだから」
なんてことは言えないと思う。

そういうシステムの中で踊らされていると言うことを
選手も私たちも自覚しないといけないと思う。

全ての人が今考えないと手遅れになると思う。

森友問題で手記を書いた赤木さんの死を踏みにじり、
法を歪めてまで平気で自分たちの都合のいい検事をのこしたり、
じゃんじゃん武器を買い、
自分の桜を見る会のためであれば惜しまず金を使う。
逆に医療や介護、教育、文化などなど
本当に必要なところにお金を使わない。
お友達加計学園では優遇してもらったお礼なのか入試でヘイト、
あげたらきりがない。
そして綻びが出ても都合の悪いことはすべて蓋をする。

そんなやつらが権力をにぎり
国民のためとうそぶきながら好き放題やっている、
そんな国で私たちは生活している。生きている。

なんか「しなやかに」を心がけているのに
最後には怒りが抑えきれない。

あっ!延期の電話が来た。



コメント

このブログの人気の投稿

日本映画界を取りまく現状!

ドキュメンタリーは”必要”なのだ! つくり手〜映画館〜配信 の可能性